2017.05.01

アクラス ワラ1 にIMONカプラーを取付け

アクラスから再生産された ワラ1
前回の生産品を出張先で1輌だけ見かけて買ってあったのですが,車体の出来は良いとして標準のカプラーが今ひとつ。
標準のままではIMONカプラーと連結できないので放置していました。
そんなことを忘れて,今回の再生産で増備してしまったのでIMONカプラーへ交換することに。
Img_0001
左がIMONカプラー 右が標準

続きを読む "アクラス ワラ1 にIMONカプラーを取付け" »

2016.06.05

オハフ45タイプ

模型熱が再燃とか言いながら,ここ数年は購入だけだったのですが,ようやく工作を手がけました。
リハビリを兼ねて完成品の小加工から。

題材はKATOのロングセラー スハフ42。
発売当初から指摘されていた,テールライトと妻板ステップの定番とも言える改修です。

ついでに幌枠を気になっていたエコーモデルの折畳タイプに交換。
キャンバス押さえを削ってオハフ45にしてみました。

Img_0032

やっぱり旧客の顔はこれだよねぇ。
元のモールドに惑わされ,ドアハンドルを開戸用にしてしまいましたが,引戸ですよね。
雨樋の修正をしていないので厳密にはタイプですが,鋼板屋根色に塗ってしまえばそれらしく見えます。
編成内側に入ってしまう前位側もテールライトと幌枠を交換。

続きを読む "オハフ45タイプ" »

2013.05.25

エアブラシを購入

先日LEDを電球色に交換したDE10ですが,1輛は10年前に屋根板を加工して未塗装のままでした。
というか,加工したことすら忘れていたくらい。

学生の頃は,実家で缶スプレーを使ったり,バイト先でエアブラシを借りたりして塗装できたのですが,今のアパートでベランダに出てスプレー塗装というのは難しそう。
とは言っても,折角模型制作を復活したのだから,勢いのある内に塗装まで終わらせたいもの。

調べてみると,ここ10年の間に静音かつ安価なエアーコンプレッサーが発売されていたりして,じわじわと物欲モードへ。
結局,今買ってもクレジットカードなら引き落としはボーナス後,という誘惑に負け,なぜか秋葉原のヨドバシで衝動買い。
ボーナス……出るよな?

Img_0041
「安価な」とか言っておきながら,中途半端にケチって買い直すくらいなら最初から買っておけ。ということで,GSIクレオスのMr.リニアコンプレッサーL7/レギュレーター/プラチナセットを選択。

続きを読む "エアブラシを購入" »

2013.05.06

TOMIX 115系を常点灯化

DE10に続いて115系も常点灯化しました。

まずは回路図
Fig_0005
こちらも独立した普通の常点灯回路の組み合わせです。

実装面
Img_0026
一部のショットキーバリアダイオードに,一回り小さいサイズのものを使用して,何とか収めました。

続きを読む "TOMIX 115系を常点灯化" »

2013.05.04

常点灯回路を修正

常点灯化した回路ですが,片側のLEDが逆方向でもぼんやりと点灯してしまいました。
基板単体でも再現するので,モーターの逆起電力による点灯ではなく,逆方向のコンデンサにチャージされてしまっているようです。

仕方がないので,元の配線にこだわらず回路を修正することに。
Fig_0004
通常の常点灯と同じ回路です。

続きを読む "常点灯回路を修正" »

2013.05.03

KATO DE10を常点灯化

LED化する際に抵抗をCRDに換えたので,電圧制御では一定の電圧以上になれば同じ明るさで光るのですが,PWM制御では一定電流での点滅となるため,デューティー比に応じて明るさが変わってしまいます。
その対策として,2台目のDE10はLEDを交換する際にコンデンサを追加しました。(いわゆる常点灯化)

常点灯という言葉は,モーターが動き出す前のデューティー比,すなわち停車中でも点灯することを謳ったもののようですが,PWM制御で点滅しない(OFF時間でも点灯している)という意味でも常点灯と言えそうです。

まずは回路図
Fig_0003
LEDのアノード側にダイオードを追加していますが,これがないとPWMのOFF時間に反対側のLEDにも電流が流れ,両側の前照灯が点いてしまいます。


※ この回路では,逆方向のLEDも点灯してしまう場合があります。
  修正した回路はこちら

続きを読む "KATO DE10を常点灯化" »

2013.04.27

パワーユニットを購入

LED化したので常点灯を試してみよう。というわけで,TOMIXの常点灯対応パワーユニット N-1001-CL を購入しました。
16番(HO)だと,PWMを使用できない製品があったり,常点灯にするくらいならDCCにしてしまえ。という流れだったりで,あまり使われていないようです。
常点灯対応のPWM電源も自作すれば安かったりするのですが,リファレンスとしてメーカー製を一台くらい持っててもいいかなと。

昔ながらのパッケージ
Img_0024
さらに昔は,緑色部分がオレンジ色で蒸気機関車のイラストでした。

DCアダプタ外付けです。
Img_0025

KATOの線路につなぐため,それぞれの延長ケーブルを接続して,変換ケーブルを製作。
Img_0053
KATOの延長ケーブルは263円は許せるとしても,TOMIXの延長ケーブル630円は高すぎ。
昔はコネクタなんてなかったのに。

余った延長ケーブルにはワニ口クリップを取り付けました。
Img_0054
フィーダー線路なしに点灯などの確認ができるので,おすすめ。

2013.04.20

TOMIX 115系のLED化

DE10の電球色LED化に続いて,TOMIX 115系をLED化。
こちらも10年前に購入したままほったらかし。
そもそも先日購入した115系長野色を見て,白色LEDの種別幕はいいねぇ。などと思ってしまったのが,10年越しで模型工作を再開することになったきっかけなので,115系のLED化こそが大本命。

最近再生産された113系などもLEDになっているので,分売パーツがあれば交換するだけ,と思ったのですが,どうやら販売されていない様子。
仕方がないので,自作することにしました。

まずは回路図
Fig_0002
前回のDE10の回路の片方を尾灯にして,種別幕用のLEDを追加した回路です。
基板への部品配置の都合で,DE10のときとは極性を逆にしています。

続きを読む "TOMIX 115系のLED化" »

2013.04.13

KATO DE10のLEDを電球色化

10年近く前に購入したKATOのDE10。
当時からLEDを電球色化しようと思いながら,放置していたのですが,久しぶりに走らせてみてやはり黄色いヘッドライトに違和感。
先日,上野へ外出した帰りに秋葉原で用品を購入してきたので,ようやく施工しました。

上が元の基板,下が改修後の基板
Img_0055_2
270Ωの抵抗をジャンパ(見た目重視で0Ωの抵抗に交換)し,LEDと直列にCRD(定電流ダイオード)を追加。
ダイオードは元のままでも回路上の問題はありませんが,点灯電圧を下げるためショットキーバリアダイオードに交換しています。

続きを読む "KATO DE10のLEDを電球色化" »

2012.08.01

組み立ててみた

部屋を片付けて線路を組み立ててみました。
線路セットの大きさは2366×1382mm。手持ちの直線線路246mmを2本追加しています。
Img_0002

とりあえずパワーパックと線路のセット,ということで大きさのことを考えずに買ってしまいましたが,敷いてあるユニット畳が700mm四方なのでギリギリの大きさ。人の居場所がありません。
やっぱり,走らせて遊ぶならNゲージですね。

より以前の記事一覧

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ぬるてつのサイト

広告