« オハフ45タイプ | トップページ

2017.05.01

アクラス ワラ1 にIMONカプラーを取付け

アクラスから再生産された ワラ1
前回の生産品を出張先で1輌だけ見かけて買ってあったのですが,車体の出来は良いとして標準のカプラーが今ひとつ。
標準のままではIMONカプラーと連結できないので放置していました。
そんなことを忘れて,今回の再生産で増備してしまったのでIMONカプラーへ交換することに。
Img_0001
左がIMONカプラー 右が標準

某販売店のワラ1のレビューに

IMONカプラーは「走行重視なら」HO205、「連結面間隔を縮めたいなら」HO203が使えます。
なお、そのままではカプラーポケットに双方が支障してしまいますので、現物合わせによる切除が必要です。

とあったので信じてみます。

ただしHO-205は明らかに入らないのでHO-105を使用。
カプラーを外してボスを切除。車端から5.5mm(元のボスから0.9mm車端寄り)に1.1mmで孔開け。
Img_0002
この位置で縮尺通りの連結面間隔になります。

IMONカプラーをM1.4x5のビスで取り付け。
Img_0003

高さを確認すると案の定低すぎ
Img_0004

標準のカプラーは厚さ1.2mm,IMONカプラーは厚さ3mmなので0.9mm低いことになります。
久しぶりにiModelaを使って1mmほど切削
Img_0005

高さを確認
Img_0007
まだ低い!

ということは標準のカプラーも低いということに
Img_0008

結局ポケットは削らずに下方シャンクのHO-106を使うのが正解でした
Img_0009

ただしHO-106はシルエットが今ひとつという問題点が。
Img_0010
上から見れば判りませんけどね。

ポケットを削っちゃった車輌は,さらに削らないといけません。

« オハフ45タイプ | トップページ

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71992/65223033

この記事へのトラックバック一覧です: アクラス ワラ1 にIMONカプラーを取付け:

« オハフ45タイプ | トップページ

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ぬるてつのサイト

広告