« 竹島ものがたり | トップページ | bin8(ビンエイト)が届いた »

2013.02.07

乾湿計を購入

最近になって新しい温湿度計を購入したのですが,以前から使っていたものと比べると湿度計の指示値が全然違う。
メーカーのサイトによれば「おおむね3~5年程度は使用できます」とのことなので,古い方の湿度計が劣化しているだけと思いますが,新品の精度も気になります。
そんなわけで,比較用に乾湿計を通販でポチッと。

(株)佐藤計量器製作所の乾湿計(フック箱)
Img_0143
学校の実験室とかで見かけるアレです。

湿球用の水に水道水を使うと,そのうちカルシウムやらカリウムやらが析出して面倒なことになるので,純水が必要です。
学生の頃なら実験室でもらえたのになぁ,などと思いながら調べてみると,普通に薬局で売っているらしいので買ってきました。
Img_0144
500mlで100円弱。
なかなか日常生活で純水が必要になる機会というのもなさそうですが,「製剤,試薬,試液の溶解剤として」「医療機器の洗浄」といった用途のほかに,「コンタクトレンズの洗浄剤,保存剤の溶解」にも使うようなので,コンタクトレンズを使っている人には身近なのかもしれません。

早速水を入れて1時間ほど放置。
Img_0152
乾球の指示値が20.5℃,湿球の指示値が15.5℃なので,乾球示度20℃か21℃の行で乾湿示差5℃の列の値を読めば56~57%ということになります。

で,肝心の湿度計の値はというと
Img_0153
新しい方(左)が47.8%,古い方(右)が34.6%。

新しい方も乾湿計に比べると低めの値を示していますが,乾湿計の表を見ると乾湿示差が0.5℃違うだけで湿度が3~6%くらい違っているので,どちらも参考程度のようです。

« 竹島ものがたり | トップページ | bin8(ビンエイト)が届いた »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71992/56927078

この記事へのトラックバック一覧です: 乾湿計を購入:

« 竹島ものがたり | トップページ | bin8(ビンエイト)が届いた »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ぬるてつのサイト

広告