« TS-219P+を購入 | トップページ | 「駅の時計」をバージョンアップ »

2011.09.18

Androidのウィジェットを作ってみた

Android端末のホーム画面に配置できる「ウィジェット」
時計だけでもAndroidマーケットを探すと色々と見つかります。

ところが,ありそうでないのが駅で見かけるデザインの時計。
(↓こんなの)
Img_0004_2

Windowsではかなり以前から「"駅" 時計」というのが公開されているくらいなので,Androidでも誰か作っていそうなものですが……。
まぁ,ないなら自分で作ればいいじゃない。ということで夏期休業を利用して制作開始。

とりあえず手元にある写真をillustratorでトレースして,文字盤と時針,分針の画像を作れば簡単にできあがり。のはずだったですが,「やっぱり運針は30秒ごとじゃないと」とか,「デザインを選べるように」とか,色々と欲が出始めて夏休み中に終わらず。
ようやく公開しても許されそうなところまで,たどり着きました。

需要があるか判りませんが as is で公開。(Android 1.6~)
Icon 駅の時計(Ver.1.2)
Ver.1.3を公開しました。(11.9.29)

ウィジェットをタップするとデザイン切替の設定画面が表示されます。
アイコンがオレンジなのは,たまたま手元にあった写真が名古屋駅の時計だったから。
スクリーンショットとか(↓)

Stationclock1

Stationclock2

Stationclock3

時計のデザインを2種類から3種類に増やして動作することが確認できたので,あとは種類を増やせば同様に動作するであろうことは数学的帰納法により明らか。
というわけで,プログラミングの目的は達してしまったので,デザインの追加は期待しないでください。

« TS-219P+を購入 | トップページ | 「駅の時計」をバージョンアップ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71992/52763133

この記事へのトラックバック一覧です: Androidのウィジェットを作ってみた:

« TS-219P+を購入 | トップページ | 「駅の時計」をバージョンアップ »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ぬるてつのサイト

広告