« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005.12.23

当たった

051224_0035001家に帰ったらフリスクのミュージックプレイヤーが届いてました。
あれだけ送ったから当たったのか,あれだけ送ってさらに運がよくて当たったのか。

ちょっといじった感じでは,音量の+-ボタンの位置が画面表示と左右逆だったり,戻るボタンを押すと再生中の曲の頭ではなく前の曲に移ってしまうとか,ちょっと詰めが甘いなぁという感じ。
さらに欲を言えば,本物と同じ大きさにして欲しかったとか,ボタンの形をフリスクのタブレットと同じにして欲しかったとかあるけど,景品(もらい物)なんであまり贅沢は言えません。

せっかくなので,しばらくMDウォークマンから替えて使ってみます。

2005.12.17

箱根から甲府

せっかく「温泉パスポート」を購入したのに,先週は使わなかったので今週こそはということで,温泉めぐりに出かける。
最初の目的地が箱根なので,集合場所は新子安駅。

行きがけに,ディーラーに寄ってスノーブレードを購入する。
これで,今冬はワイパーの払拭不良に悩まされることもなし。……だといいんだけど。

集合場所へ行き,さっそくワイパーを交換する。
青い京急キター」とか言ってるうちに全員集合。
こんな中途半端な集合場所でも文句も言わず,「久しぶりに京急に乗ってきた」とか言いながら集まってくれるのが,「鉄」のいいところ。

保土ヶ谷バイパス-東名高速-小田原厚木道路を経由して箱根へ向かう。

続きを読む "箱根から甲府" »

2005.12.15

交通事故死亡者数

「年末の交通事故防止運動」ということで,社内で回覧が回ってきた。
毎回のことながら,交通事故統計の資料と,飲酒運転で人を殺した犯人の後悔記の組み合わせ。

統計の方は,交通事故の死亡者数が神奈川県はワースト10に入っているから気をつけてね。という内容。
神奈川県の交通事故データ集から10月分を引用したのだろうけど,道路状況や交通量といった要因が都道府県ごとに全く異なるので,死亡者数を単純に比較したところで何の意味もたない。
この資料で判ることと言えば,単純に交通量の多い地域では死亡者数が多いということくらい。

その他の数値も,数字以上の意味をもたないものばかり。
前年比なんて意味ありげに書いてあっても,移動平均で長期的な傾向を見るならともかく,前年とだけ比較して一喜一憂したところで何になるのか?

飲酒運転にしたって,こんな小話を読んで止めようなんて思う人がいるとは思えないし,そもそも飲酒運転をするような奴が,読むとも思えない。

県警か安協かは確認しなかったけど,こんな資料を配って悦に入ってるとしたら,相当アレな組織だよなぁと再認識してしまった。
どうせなら,暴走自転車や無灯火自転車を摘発するとか,後席のシートベルト着用を促すとか,もっと役立つことをしてくれればいいのに。

2005.12.14

タイヤ交換

先日の塩原では雪が舞ってたし,いざと言うときに出かけられないと困るので,近所のカー用品店へ行ってタイヤをスタッドレスに交換。

車を買って最初の冬にスタッドレスを購入してから,もう3シーズン目。次は買い換えですかね。

帰りがけにディーラーに寄って,ワイパーのスノーブレードを注文。
汎用の市販品に比べると純正品は割高だけど,何万もするわけではないので,昨冬,ワイパーが凍結して辛い思いをしたことを思い,保険と割り切った。

安全への投資をケチってはいけません,ってことで。

2005.12.10

塩原温泉郷湯めぐり手形

自遊人別冊が発売されたら温泉へ行く予定を,友人と発売前から立てていたので,「温泉パスポート」は期待はずれだったけど,予定を決行。
とりあえず,集合場所の秋葉原駅へ友人を迎えに行く。

行き先は未定だったものの,1人が遅れるというので北千住へ迎えに行ったため,東北道方面に決定。
「温泉パスポート」で入れる施設に適当なところがないので,本誌で「湯めぐり手形」が紹介されていた塩原温泉へ行くことに。
一応,本誌も役に立ったと言うことで。

途中,道の駅で「湯めぐり手形」(900円)を購入。
この「湯めぐり手形」,掲載された29軒の施設の入浴が1回ずつ半額になり,うち1回(1施設)は無料で入浴できるというもの。
自遊人の「温泉パスポート」も,無料でなく半額だったら,施設の協賛を得やすいんじゃないかと思うんだけど。

今回は,湯守田中屋の露天と内湯に入浴。
露天が500円,内湯が800円ということで,内湯を無料,露天を半額にして貰ったので,すぐにモトが取れた。

公衆露天風呂「不動の湯」で入浴し,帰りがけに「千本松温泉」に寄って,今回の温泉は終了。
途中,運転を代わってもらったりして,秋葉原で解散。
横浜からだと,塩原はちょっと遠いなぁ。

2005.12.09

温泉パスポート

自遊人別冊の温泉図鑑が発売になった。
今回も無料で日帰り入浴できる「温泉パスポート」が付属,ということで購入。

前回の付録では「源泉湯パスポート」という名称で,源泉掛け流しにこだわっていたのだけど,今回はお湯を循環している施設が多く含まれている。
温泉の範囲も,前回は文字通り北海道から九州までだったのに対して,今回は関東近郊がほとんどで,比較的遠いところは宮城の秋保温泉と愛知の稲武温泉だけ。

前回のパスポートで湯巡りをしているときに,マナーのよろしくない人を多く見かけたので,賛同してくれる施設が減ってしまった,などの事情があるのではないかと勘ぐってみたりして。
責任や義務を負わずに,権利ばかり主張する風潮の中,無料で入浴させて貰うというのは難しいのかも知れません。

続きを読む "温泉パスポート" »

2005.12.06

DVDを買いに

DVDの取り置きが今日まで。
こういうときに限って,会議の招集がきて,しかも定時で終わらない。なんてことになりそうなので,午後半休を取って秋葉原へ出かける。
これじゃぁまるで,アニメのDVDを買うだけのために休んだみたいだけど,仕方がない。

取り置きを依頼した某アニメショップのエレベーターで,「機動戦艦ナデシコ Premier complete DVD-BOX」のポスターを見かけた。
ちょうどアニメにハマっていた頃の作品だけに,かなり欲しかったりする。

定価が45,150円,Amazonで35,217円と,悩むほどの価格ではないんだけど,問題なのは,TVシリーズLD,劇場版LD,ゲキ・ガンガーLD,そして特別先行編のVHSと,全て発売時に買ってあること。
当時はきっと,かなりの躁状態だったに違いない。

LDの劇場版はA-B面の反転で映像が途切れるとか,実家に放置してある特別先行編のVHSが,いつまで再生できるか不安とか,買う理由もないわけではないけど,買おうと決断できるほどじゃないし。
まぁ,発売はまだ先なんで,もう少し頭を冷やして考えるとしますか。

それにしても,放映開始から10年近く経ってるのか……,なんて考えない方が良さそうだ。

2005.12.04

部署旅行(2日目)

山梨といえば,お約束のワイン工場見学。
瓶の洗浄~瓶詰めの工程(だけ!)を見学したあと,ワインの講習会を受講。

続いてこれまたお約束の恵林寺へ。
あまり時間がないので,のんびりするまもなく順路を一巡して終了。

昼食は河口湖畔。……ここらへんの行程に無理があるような気が。
大月あたりから雪が降り始め,河口湖へ着く頃にはすっかり雪景色。

山梨のお土産なんぞ買って帰ってもしょうがないので,はとバスグッズを購入。

帰りの東名は事故で渋滞。
といっても,ウトウトしている間に保土ヶ谷バイパスへ。
全く,ご苦労様です。>運転手氏

2005.12.03

部署旅行(1日目)

部署旅行で石和温泉へ行く。
なんとも中途半端な距離だけど,こんな機会でもなければ行かない場所ではある。
そもそも貸切バスで団体旅行なんて昭和の遺物だよなぁ,などと思いつつも,特に断る理由がないので参加。

バスの手配を旅行代理店に任せたと聞いていたので,どこのバス会社なのか非常に不安だったけど,はとバスのガーラだったので一安心。
はとバスって神奈川も営業エリアだったんですね。

バスから眺める首都高の景色はなかなか新鮮だけど,中央道に入るころには新鮮味もなくなる。
後ろの方では宴会が催されているけど,どうもバスの中で飲む気にはなれないので,残された道は寝るのみ。

昼食の,そば打ち体験のあと,昇仙峡を観光。
昇仙峡ロープウェイの乗りつぶし,昇仙峡郵便局で風景印を押印し,一応仙ヶ滝を眺めて観光は終了。

宿泊は典型的な団体向けホテル。夕食は宴会料理。温泉は循環。
ホテル内のスナックは女の子が常駐しておらず,自分たちで焼酎を割って飲み……。

いや,もう何も言うまい。

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ぬるてつのサイト

広告