« 乗鞍高原温泉 | トップページ | 東京バス案内2 »

2005.09.04

そうめんのつゆ

昨日,急なドライブに出かけたおかげで,起きたのは昼過ぎ。まぁ,いつものことですが。

朝食(昼食?)をどうしたものかと食料を物色していると,そうめんが一食分残っているのが見つかった。
去年,つゆを切らしてしまったために,お蔵入りしてしまったものだ。

賞味期限が今年の12月までなので,食べてしまうことにする。
まぁ,多少期限を過ぎたところで,カビでもはえてなきゃ問題ないし,そもそも,開封してしまっているので,賞味期限は関係ないんですけどね。

つゆなしでそうめんを食べる気にはならないものの,ここでつゆを買ってきてしまうと
・つゆを使い切るためにそうめんを購入
・そうめんを食べきるためにつゆを購入
の繰り返しになるであろうことが容易に想像できるので,一食分だけつゆを作ることにした。

googleで,「そうめん つゆ 作り方」で検索。
揖保の糸そうめんつゆの作り方を参考にする。
分量をそれぞれ1/4にして,250mL作ることにした。
冷やすときに氷を入れるので,少し濃い目に作る。

いきなり「水と昆布を入れ10時間」なんて書かれても,そんなに待ってられないので,水から昆布を煮て沸騰直前に取り出して昆布だしを作る。
あとの流れは大体同じ。
・パックの鰹節を入れて一煮立ちさせ,アクを取り,キッチンペーパーで濾す。
・別の鍋でみりんのアルコール分をとばし,だし汁,濃口醤油,砂糖を加える。
・一煮立ちさせ,冷や奴か何かで使った残りの鰹節を投入。
・キッチンペーパーで濾す。
これで一応出来上がり。

あとは氷を入れて少し冷ましてから冷蔵庫へ。
その間に,薬味のミョウガ(これも冷や奴で使った残り)を刻み,そうめんを茹でる。

そうめんを茹でて,冷蔵庫からつゆを取り出すと,全然冷えてない!
しかし,麺を茹でてしまったので,我慢して食べる。

鰹の風味が強すぎ。あと,みりんが少し足りないような感じがする。
今度作るときは……二度とないでしょうなぁ。

« 乗鞍高原温泉 | トップページ | 東京バス案内2 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71992/6164673

この記事へのトラックバック一覧です: そうめんのつゆ:

« 乗鞍高原温泉 | トップページ | 東京バス案内2 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ぬるてつのサイト

広告