« 飲み会で烏龍茶 | トップページ | 石北本線の撮影 »

2005.09.23

新日本海フェリー

北海道へ行くといっても,寒さ対策が必要なくらいで,あとは普段の撮影と大して変わらない。
車なので,飛行機みたいに荷物をまとめる必要もなし。適当に積み込んで,2時過ぎに出発。

さいたまの実家に寄って,3時40分に所沢IC。深夜割引も適用されたことだし,適当に休憩しながら関越道を北上する。
山谷PAで帰りのフェリーを予約。長岡JCT.で躊躇することのないように,退路を断っておく。
さすがにここまで来れば,やっぱり行かない,なんてことにはならないでしょ。

それよりも,台風の予想進路が東日本の太平洋側にあるので,帰りのフェリーが心配だったりする。
最悪の場合,船が大洗に集まっちゃったので苫小牧発は欠航,なんてことにもなりかねない。
まぁ,欠航になったら年休を追加するしかないわけで,まさか千歳から飛行機で帰ってこいとは言われないよなぁ。(←ちょっと弱気)

8時過ぎには新潟に到着。朝食を摂ってから,フェリーターミナルへ行く。
乗船手続きを済ませ,適当に積み込んだ荷物を整理しながら,乗船待ち。

船に乗ってしまえば,特にすることもないので,とりあえず昼寝。
15時ころに起きて,明日の予定を立てる。

いつも飛行機で目的地の空港まで行ってしまうので,道内の都市の位置関係がよく解っていない。
今さらながら小樽から北見が,えらく遠いことに気づいた。石北本線の撮影はやめておくかなぁ。

16時ころから入浴。
風呂上りに,日本海へ沈む夕日を眺めながらビールを飲む。
軽く寝たあと,レストランで夕食。
休憩後,ふたたび入浴してビールを飲み,21時過ぎに就寝。

人間の3欲(入浴・飲酒・睡眠)を繰り返して,翌朝起きたら小樽。
新潟までが少し遠いけど,フェリーは楽ですな。

« 飲み会で烏龍茶 | トップページ | 石北本線の撮影 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71992/6323201

この記事へのトラックバック一覧です: 新日本海フェリー:

« 飲み会で烏龍茶 | トップページ | 石北本線の撮影 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ぬるてつのサイト

広告