« HDDを買ってきた | トップページ | 上司と鉢合わせ »

2005.07.02

Sambaをインストール

ネットの情報を参考にして,LanTankの設定をする。
急いで割高なHDDを買ったというのに,結局時間がとれなかった。
#おかげでエージングが60時間できたけど。

telnet接続とかvi(テキストエディタ)を使うのは,学生のとき以来。
もともとviのコマンドなんてhjkl(カーソル移動)とi(挿入),x(削除)くらいしか覚えてないんですが。
編集モード中にカーソルの移動ができるようになっていたりと改良されて使いやすくなっている。

Windowsからファイルを扱うには付属のWebDAVでは不便なので,Windows互換のファイルサーバソフトSambaをインストール。
ソフトウェアのインストールはapt-getで簡単にできた。

SWAT(Samba Web Administration Tool)もインストールすればSambaの設定はGUIで行える。
はずなんだけど,なぜか日本語表示されず英語表示になってしまった。
ネットで調べたものの,どこも日本語で表示されることが前提になっていて,原因が判らない。
まぁコンピュータ用語なんてカタカナ英語ばっかりだし,英語でもあまり問題はないので,とりあえず設定をすませて,Windowsからファイルの読み書きができることを確認。

そのほか必要なパッケージをインストールしたり,パッチを当てたり。
最後にWindowsのネットワークドライブに割り当てて終了。

ユーザー別管理とか,外部からアクセス可能なディレクトリを作るとか,やりたいことは色々あるので,時間ができたらそのうち。

« HDDを買ってきた | トップページ | 上司と鉢合わせ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71992/4865674

この記事へのトラックバック一覧です: Sambaをインストール:

« HDDを買ってきた | トップページ | 上司と鉢合わせ »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ぬるてつのサイト

広告