« ATS-Sxの種類 | トップページ | 急曲線に進入する際の速度制限に関する対策等について »

2005.05.09

新型ATS神話

鉄道各社に新型ATS義務付けへ・国交相が表明

1987年に使用開始されたATS-Pを新型と呼び続けるのは,いい加減どうかと思うんですが。
しかもマスコミが旧型と呼んでいるATS-SWの方が新しかったりしますし。

今朝の朝刊紙面には,国交相の別の発言が載っていますが

「新型ATS,もしくは同等の機能を持つものの整備を義務付けたい。」
って,ATS-SWも同等の機能(絶対停止,速度照査)を持っていますよ。

そもそも「新型ATSがあれば防ぐことができた。」などと言っている時点で,何も理解していないのがバレバレなんで,ただの政治パフォーマンスにしか見えません。
まぁ,新しいものの方が良いに違いない,と思いこんでいるだけのような気もしますけど。

せめて国交相と文科相には,理系出身者が就任して欲しいものです。

« ATS-Sxの種類 | トップページ | 急曲線に進入する際の速度制限に関する対策等について »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71992/4088849

この記事へのトラックバック一覧です: 新型ATS神話:

» 政治には疎いのですが [綾繁重工杜内報]
日本の内閣というのはなぜか政党のパワーバランスを最優先にされる、 これが不思議でならない。猿を題材に社会学の研究が行われているが、正直なところボス猿の権力抗争と変わらないように見えるのは自分だけであろうか。 鉄道の信号機器に詳しい友人のブログを見てそう感じ..... [続きを読む]

« ATS-Sxの種類 | トップページ | 急曲線に進入する際の速度制限に関する対策等について »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ぬるてつのサイト

広告