« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

2005.05.23

NAS組み立てキット

半年ほど前から,データ保存用のHDD(80GB)に,ほとんど残容量のない状態が続いています。
とりあえずmp3のデータをノートPCに移行して空きを捻出したりしましたが,焼け石に水。

まぁHDDを買ってきて増設すれば済む話しなんですが,すでに3台のHDDを内蔵しているし,PCが古いということもあって,内蔵HDDを増やすのは避けたいところ。
かといって,常設ドライブを外付けにすると電源のon/offが面倒だし,なにより美しくない。
となると,流行のNAS(Network Attached Storage:LAN接続HDD)になるわけですが,これまた決め手となるものがないんですよ。

続きを読む "NAS組み立てキット" »

2005.05.21

友人の結婚式に出席

最近になって友人の結婚が相次いでいるのだけど,結婚式はやらないとか,身内だけで済ませるとかばかりだったので,結婚式には久しぶりに出席。

新郎友人の出席者は,いつも連れだって撮影に出かけている面子なので,話題も普段と大して変わらない。
帰りがけに飲み直して,次の撮影の計画を立てたりして。

2005.05.20

つぶしもの

鉄道愛好家の間で認知されやすい目標として,鉄道全線完乗というのがあります。
別に全線完乗したからといって何があるわけでもなく,乗るからには全線に乗りたいという自己満足でしかないんですが,国鉄のキャンペーン「チャレンジ2万キロ」で一般にも知られるようになったみたいです。

学生時代のサークルでは,高速道路の全線走破とか,都バスの全系統乗車など,鉄道以外にも目標が乱立していました。
このサークルの友人とスキー場へ行くと必ず目標になるリフトの完乗は,言うまでもなくその延長です。
これらの制覇ものは鉄道の「乗りつぶし」に端を発するところから,サークル内で「つぶしもの」と呼ばれていました。

続きを読む "つぶしもの" »

2005.05.15

山梨の温泉へ

友人(非鉄)2人と温泉へ行く。
草津へ行きたいという意見があったものの,高速道路から遠かったりして面倒くさいので,近間の山梨で済ませることにした。

と言いながら,国道が空いていたので,高速は使わずに塩山へ。
昼に20号を走るのは久しぶりなので,笹子トンネル(旧道)に寄ったりした。
笛吹川温泉敷地内の「そば丸」でそばを食べる。

さすがに下道の運転で疲れたので,隣接の笛吹川温泉に入浴。
源泉浴槽はぬるめで,ついつい長湯になる。

せっかくなので帰りがけにもう1湯,都留市温泉で入浴。
こちらの源泉浴槽はかなりぬるいので,完全に長湯モード。

週末の夕方といえば,中央道上りは渋滞しているだろうということで,道志みち経由で帰る。
実際にはGWの翌週ということもあってか,渋滞はなかったらしい。
都留から八王子までは通勤割引で750円。高速を使えばよかった。

多摩で夕食を摂って帰宅。

2005.05.13

同期と飲みに行く

会社の同期が誘いに来たので3人で飲みに行く。
4h残業してから平気で飲みに行くあたり,すっかり会社に慣らされてますな。

新しく開店した飲み屋を見つけたので入ってみる。
焼酎の種類が多めで,泡盛も置いてあるのは良いのだけど,生ビールがA社の超辛口なのが残念。
さっさと泡盛に移行する。

焼酎グラスの氷の中でLEDが光っている。3人とも電気屋なので興味津々。
取り出してみると,LEDを樹脂で氷のように固めたものだ。
英語で「入切は矢印の向きに堅い面へ軽く打ち付けろ」(かなり意訳)と書いてあったりして,なかなか面白い。
それにしても,友人曰く「磁気保持リレーみたいだな」って,その例えはいかがなものかと……。

結局2時過ぎまで飲んで帰宅。

2005.05.10

急曲線に進入する際の速度制限に関する対策等について

国交省、全国の鉄道事業者にATS改良義務付け

さすがに国交省の中の人は,大臣ほど無知ではなかったようで,常識的な対策ですね。
要は,-Sx区間には速照地上子を設置すればいいよ,ということです。
急曲線に進入する際の速度制限に関する対策等について

<別紙>ATSによる曲線速度超過対策の例が“ATS-Sx”ではなくて“ATS-S”になっているあたり,ちょっと詰めが甘いかなぁという気はしますけど。

2005.05.09

新型ATS神話

鉄道各社に新型ATS義務付けへ・国交相が表明

1987年に使用開始されたATS-Pを新型と呼び続けるのは,いい加減どうかと思うんですが。
しかもマスコミが旧型と呼んでいるATS-SWの方が新しかったりしますし。

今朝の朝刊紙面には,国交相の別の発言が載っていますが

「新型ATS,もしくは同等の機能を持つものの整備を義務付けたい。」
って,ATS-SWも同等の機能(絶対停止,速度照査)を持っていますよ。

そもそも「新型ATSがあれば防ぐことができた。」などと言っている時点で,何も理解していないのがバレバレなんで,ただの政治パフォーマンスにしか見えません。
まぁ,新しいものの方が良いに違いない,と思いこんでいるだけのような気もしますけど。

せめて国交相と文科相には,理系出身者が就任して欲しいものです。

2005.05.03

ATS-Sxの種類

友人とATS-SN,ST,SWの違いが話題になり,気になったので調べてみた。

ATS-SN(東)
 ATS-Sに絶対停止(123kHz)を付加。(地上時素で速照可能)
 -SN(北)も同じ。

ATS-ST(海)
 -SNに速度照査・列番送出機能を追加。
 速照用地上子対(108.5kHz)の通過時間と車上時素(0.50sec)との比較で速度を照査する。
 JR東海乗り入れのため,-SNに速照ボードを追加したものが-SN'。

ATS-SW(西)
 STから列番送出機能を取り除き,さらにME化で小型にしたもの。
 -SS(四),-SK(九),-SF(貨)も同じ。(-SFの車上時素は0.55sec)

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ぬるてつのサイト

広告