« 結局50h超え | トップページ | 白熱電球と電球形蛍光ランプの比較 »

2005.04.29

信越線撮影

友人と信越線の撮影に出かける。
EF64-1000重連の貨物と「ふるさと雷鳥」が目的。

ビールを飲んでしまったので,迎えに来てもらった上に,運転も友人にお任せ。申し訳ないです。

青海川-二本木-塚山-青海川と,行ったり来たりしながら撮影。
青海川-鯨波間の有名撮影地(展望台)は,土砂崩れ?のため立ち入り禁止でした。


帰りがけに,松之山温泉に寄る。

松之山までの山間部には,まだまだ雪が多く残っている。
今回はナステビュウ湯の山で入浴。

「塩素を入れなければいけないので,ジェットバスの運転をとめました」ということで,塩素投入もしていない源泉掛け流し。
そもそも温泉にジェットバスなんていれたら,泉質の劣化が促進されそうな気がするんだけど,気にしすぎですかね。

さすがにアルコールも抜けたので,帰りは自分が運転。
湯沢ICから高速を利用する。

ETCの通勤割引(~20時)には間に合わないし,深夜割引(0時~)ほど遅くはならないし,ということで早朝深夜割引が適用出来ないか友人に計算してもらう。

通常料金(湯沢-練馬)は,4600円
前橋で一度下りて乗り直すと,3900円(前橋-練馬間に早朝深夜割引適用)
沼田と鶴ヶ島で乗り直せば,3500円(沼田-鶴ヶ島,鶴ヶ島-練馬に割引適用)

ということで,最大1100円安くなる。
まぁ結局,一人あたり550円だし,乗り直しは面倒だし,とか言って乗り直しはしなかったんですけどね。

« 結局50h超え | トップページ | 白熱電球と電球形蛍光ランプの比較 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71992/4156638

この記事へのトラックバック一覧です: 信越線撮影:

» 【新潟】松之山温泉 夕暮れのナステビュウ露天風呂 [温泉通信 旅写真]
2005.12.31 新潟県の松之山温泉郷 ナステビュウ湯の山で撮影 松之山は大好きな温泉地の一つで、この一年ちょっとの間に四回も訪れました。 去年・一昨年と二年続けて年末に入ったのが、ここナステビュウ湯の山。 湯坂源泉という独自源泉を引くセンター系日帰り温泉で、もう誰でも気軽に立ち寄りできるのに、なんと松之山では意外に珍しく内湯、露天ともに掛け流しなのであります。 個人的には松之山で一番好きです。 露天風呂の眺めも良くてね。 あとは貸しタオル無しで500円ぐらいで入れたら何..... [続きを読む]

« 結局50h超え | トップページ | 白熱電球と電球形蛍光ランプの比較 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ぬるてつのサイト

広告