« 同期と飲む | トップページ | 同期で飲み会 »

2005.03.31

ゴミの分別収集

明日から横浜市全域でゴミの分別収集が始まる。
いつもなら玄関に置いておいたのに忘れて出かけてしまっても,次の回収日に出せばすむのだけど,昨日までのゴミは分類などしていないので,今朝は忘れずに集積所に出さなければいけない。

それにしても分別が,いかにもお役人的な発想による分類なので解りにくいことこの上ない。
特にプラスチック類は,「プラスチック製容器包装」と「家庭ゴミ」とに分けるのだけど,その判断は次のようになる。

    ・容器包装とは,商品を入れたもの(容器)や、包んだもの(包装)であって、中身の商品を取り出した(使った)後、不要となるものをいいます。
    ・商品そのもの(ビデオテープ、おもちゃ、洗面器など)は対象外なので「家庭ごみ(燃やすごみ)」へ
ということは
    ・シャンプーや化粧品の小分け容器は,購入時に中身が入っていれば「プラスチック製容器包装」
    ・同じ容器を空で(容器だけ)買ってくるとそれは商品そのものなので「家庭ゴミ」
    ・高崎駅のだるま弁当は,中身を食べたあと貯金箱として使える(不要とならない)ので「家庭ゴミ」
    ・フリスクが洗面器に入れて売られているのを買ってきて,その洗面器が不要なら「プラスチック製容器包装」
ほら,解らなくなってきたでしょ。
CDケースなんて「ケース」って言うくらいだから容器だと思っても,これは家庭ゴミ。

なぜこんなことになるかというと, 容器包装に係る分別収集及び再商品化の促進等に関する法律(容器包装リサイクル法)の目的が

第一条 この法律は、容器包装廃棄物の分別収集及びこれにより得られた分別基準適合物の再商品化を促進するための措置を講ずること等により、一般廃棄物の減量及び再生資源の十分な利用等を通じて、廃棄物の適正な処理及び資源の有効な利用の確保を図り、もって生活環境の保全及び国民経済の健全な発展に寄与することを目的とする。
ということなんで,はなからリサイクルできる材料を分別収集するのが目的じゃないんですよ。
あくまでも容器包装だけを収集するのが目的で,それ以外の廃棄物は同じ材質でリサイクル可能でも収集しません,ってことですね。

分類にしても
収集対象は,容器包装リサイクル法施行規則の別表第一
分類は,容器包装廃棄物の分別収集に関する省令の第二条
というふうに環境省のお役人が定めてるわけで,別に横浜市の職員がへっぽこなわけじゃないんです。

それにしても,この日本のお役人の発想というのは,いい加減なんとかならないもんですかね。

« 同期と飲む | トップページ | 同期で飲み会 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71992/3559373

この記事へのトラックバック一覧です: ゴミの分別収集:

« 同期と飲む | トップページ | 同期で飲み会 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ぬるてつのサイト

広告