« 節分 | トップページ | はやぶさ温泉 »

2005.02.05

野沢温泉(スキー)

友人2人と野沢温泉へスキーに出かけた。
昨年末に野沢菜を買いに行ったときに,「スキーをしたい」とか,「泊まりたい」とか言っていたので,野沢温泉になったらしい。

自宅を3時半頃に出発し,友人2人を乗せて,大泉から高速を利用する。坂城ICからは滑り止め規制。
信州中野で高速を降りて朝食を摂り,9時頃に野沢温泉に到着。
前回はほとんど雪がなかったのだけど,今回は十分すぎるほどの積雪ですよ。

リフト券売り場で路線図ゲレンデマップを入手して,リフト完乗の計画を立て,近間のリフトから順に搭乗していく。
昼食後,初心者の1人が離脱し,2人で乗りつぶしを続行。

山麓では陽が差したりもしていたのだけど,山の上は雪が降っている。
乗りつぶしを進めるうちに,雪は強くなり,風が吹き始めた。
やがて吹雪気味になり,滑るのも辛くなってきたので,乗りつぶしは途中で断念して,山を下りる。

宿に入って,まずは温泉。すぐに夕食の時間なので軽く済ませる。
夕食はまぁこんなもんでしょ。料理で選んだ訳じゃないし,値段も値段だし。
しかし,野沢菜が浅漬けだとか,申し訳程度にしか付いてないのにはがっかり。
せっかく野沢温泉に来たんだから,野沢菜の本漬けがお皿にてんこ盛りで置いてあるくらいでないと。

まぁ野沢菜を追加で頼んでも浅漬けだろうし,ビールがA社しかないので,早々に食事を済ませて野沢菜と酒は外で調達することにする。
店を何軒か回って,野沢菜を切ってもらう。酒は水尾の正月搾りを購入した。

宿に戻って,もう一度入浴。さっきは判らなかった露天風呂への出口を見つけたので,露天風呂へ。
半循環の内湯に比べ,掛け流しの露天風呂は白濁していて,見た目にも違いが明らか。
露天風呂の出口に気づかなかったとしたら,もったいないところだった。

部屋に戻り,少し休んだあとで飲み始める。
やっぱり,野沢菜は本漬けが美味しい。もちろん店に依るのだけど。
ほどなくして,野沢菜は食べ終わり,酒瓶も空になった。
明日,スキーをするかどうかは,起きた時間と天気次第ですな。

« 節分 | トップページ | はやぶさ温泉 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71992/2842364

この記事へのトラックバック一覧です: 野沢温泉(スキー):

« 節分 | トップページ | はやぶさ温泉 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ぬるてつのサイト

広告