« 上越線撮影 | トップページ | 散髪 »

2005.02.12

信越線撮影

今日は信越線の撮影。
ホテルの窓からは583系が向かってくるのが見えた。「きたぐに」かな?
まずはシュプールの回送を撮影するため,6時半にホテルを出て,関山駅近くの撮影ポイントに向かう。

路地の踏切から撮影出来るらしいのだけど,路地は除雪されていないので入口すら判らない。
早速,昨日購入したかんじきを履き,木立の切れ目に見当を付けて雪壁に上ると,踏切警報機のスピーカーだけが見えた。雪多すぎ。
通過時刻を過ぎてしまったものの列車が遅れているようなので,何とか列車の通過前に踏切へ辿り着いた。
しかし,30分経っても列車が来ない。諦めて次の撮影場所へ移動。

上りの二本木行き貨物列車を撮影するため,二本木駅近くの撮影地へ行く。
今度もまた,路地は除雪されていない。結局また線路まで近づけないうちに,目の前をEF64-1000重連の貨物が通過 _| ̄|○

次は本命である下りの二本木行き貨物なので,上信越道を使って移動する。
長野県内は(新潟県に比べて)雪も少なく,列車通過の1時間前に古間駅近くの撮影地へ到着。
陽が差すと正面が陰ってしまうのだけど,うまい具合に陽が雲に隠れた頃,列車は定刻に通過。
ところが牽引機がEF64-0。まぁ原色だったので良しとしますか。

(追記)牽引機は当初のEF64-1000から,篠ノ井派出のEF64-0へと変更になったらしいです。

続いて二本木からの下り貨物を撮るため,上信越道を使って移動。
途中で,新井PAスマートIC社会実験の案内を見たので利用してみる。
急に利用することになったため,PAの形もETCゲートの位置も知らないので,案内だけが頼りなのだけど,雪で道路標示が見えないし,看板は雪に埋もれかけている。ETCゲートも目立たず判りづらかった。
それでなくても,PA内は交通が輻輳しているのだから,案内を充実させて欲しいと思う。
ゲートでは一旦停止する必要があるものの,窓を開けなくてもいいので,駐車場の精算機よりも快適。
というはずなのだけど,アンケートを配布していたので,窓を開けて受け取る。ETCの意味がないぞ。

相変わらず新潟県内は雪が降っている。線路に近づくのは諦めて脇野田駅近くの鉄橋で撮影。

撮影後,髙橋孫左衛門商店で翁飴を購入する。
折角,上越まで来たのだから買って帰らないと。

二本木へ移動して,撮影出来そうな場所を探す。夕方で暗くなることを考えて,二本木駅近くで正面から撮影したのだけど,思ったほど暗くはならなかった。
これなら黒姫-古間間でも撮影出来そうだ。っていうか,コンビニに寄ったりしなければ間に合ってましたよ。


長野まで移動し,大室温泉まきばの湯で入浴。 のんびり浸かっているあいだに19時半になってしまったので,松本でカリーという定番コースは消滅。 #まぁ先週食べたばかりだし。

ファミレスで夕食を済ませ,更埴ICから上信越・関越道を利用。
練馬出口が混んでいるので所沢ICで降り,環八経由で帰宅。

« 上越線撮影 | トップページ | 散髪 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71992/2971178

この記事へのトラックバック一覧です: 信越線撮影:

« 上越線撮影 | トップページ | 散髪 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ぬるてつのサイト

広告