« オイル交換 | トップページ | 洗車 »

2005.01.09

大糸線撮影

友人と大糸線へ国鉄色のキハ52を撮影しに行く。

2時過ぎに出発して友人宅に寄り,調布ICから中央道を利用。
JHの深夜割引を適用させるには,八王子本線を4時前に通過しないといけない。
長野道の豊科ICで降り,篠ノ井線の霜取り列車を撮ろうということで,まずは明科駅へ。
ところがダイヤを見直すと,停車するのは西条だったことが判明。山を越えるとなると面倒なので,霜取り列車は諦める。
白馬辺りからは雪道になり,7時頃小谷に到着。

1本目の上り列車(420D・二色)には間に合わず,撮影地で見送る。雪を巻き上げる後ろ姿も格好いい。撮れば良かった。
折り返しの下り列車(423D)を南小谷-中土間で撮影。300mmだと降雪が多く感じる。

北小谷-中土間に移動して,2本目の上り列車(424D・朱色)を撮影する。雪が激しく,赤いものが果たして列車と判るのか不安だったので,折り返しの下り列車(425D)は,もう少し線路に近寄れる場所に移動してを撮影。

さらに雪が激しくなってきたので,スノウプラウが雪を撥ね飛ばすことを期待して正面がちに撮ろうと中土-南小谷間に移動。
列車を待つ間にも雪は降り積もり,線路が見えなくなる。ところが30分以上経っても列車が来ない。
雪で遅れているのかと思ったのだけど,近くにいた同業者が確認したところ,代行バスが出たという。
JRの運行情報を見ると,待っていた列車は途中で折り返し。次の列車は全線運休になっている。
その後の列車については運休の情報が載っていないので,除雪車が走るかも知れないなどと,都合の良い期待をしつつ,いつ来るとも来ないとも知れないので,とりあえず南小谷駅へ様子見に行く。

南小谷駅の待合室は客が多く,駅員に除雪車のことなど聞きづらい雰囲気だったものの,別の同業者が駅員に尋ね始めた。14時から半頃にラッセル車が来るという。
通常は夜の間に運転されるラッセル車を撮影出来るかも知れない。とりあえず近くで昼食をとってから,先ほどの撮影地に戻る。

ところが,15時近くになってもラッセル車が来ない。
運行情報からは大糸線の情報がなくなっているものの,全線の運転が再開されるとは限らないし,そうなれば,ラッセル車が来ないかも知れない。
疑心暗鬼になりながら,何時まで待ったものかと相談していると,何かキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

慌ててカメラのところに戻りファインダーを覗いて待つと,見えて来ましたよ。赤い車体に,黄色の回転灯??
やって来たのは排モ(排雪モーターカー)でした。線閉とったんですか……。

すっかり撮影する気が失せ,帰路についたものの,神城から海ノ口までスキー渋滞に巻き込まれ1時間以上かかった。弱り目に祟り目とはこのことか。


帰る途中,大町温泉の薬師の湯に寄る。 旧館と新館があり,旧館は体験風呂になっている。食塩泉・重曹泉・硫黄泉は人工的に成分調整しているのだろうか? 単純泉は源泉なのかもしれないけど,確認しなかった。露天風呂は冬季閉鎖。 新館は小さな源泉浴槽と循環の大浴槽がある。こちらは冬でも露天風呂に入れる。 スキー客が多いせいか,脱衣所の床が濡れていたり,ゴミが落ちていたりと,清掃が間に合っていないのが残念。 ラウンジには温泉の資料が展示してあったけど,見てこなかった。

夕食は松本でカリー。2週間前に来たばかりだけど,美味しいので気にしない。

急いで帰ると深夜割引が適用されないので,勝沼ICまでは下道。八王子本線の通過が0時過ぎになるように談合坂SAで時間調整する。

« オイル交換 | トップページ | 洗車 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71992/2535540

この記事へのトラックバック一覧です: 大糸線撮影:

« オイル交換 | トップページ | 洗車 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ぬるてつのサイト

広告