トップページ | 2005年1月 »

2004.12.31

NHK

一応大晦日なので,年々つまらなくなる紅白歌合戦はマツケンサンバIIだけ見る。
前奏は省略ですか・・・。省略するならオリンピック選手の話だとかを省略すりゃいいのに。
ますます受信料を払う気がなくなった。

また雪か

今日も午後になってから起きる。外を見ると雪が降っている。
とりあえず朝食だか昼食だかを作ったり,洗濯をしたりしているあいだに,屋根に雪が積もり始めた。
前回よりも強く降っている上に風もあり,雷まで鳴ったりして,ちょっと北陸っぽい感じがしないでもない。
しかし行き交う車は,ヘッドライトを点けていなかったり,屋根に雪を載せたままだったりして,やはり雪には慣れていない様子。
雪の中でバスを待つのは嫌なので,車で出かけたいところだけど,自分の車だけスタッドレスを履いていても,周りが履いていなければ意味がないし,周りは雪に慣れていないドライバーばかりだし(自分も決して慣れているわけではないけど),降雪の中を運転すると目の前で雪がちらついて目が疲れるし,などと考えて,結局出かけるのが億劫になる。

ちなみに,関東の高速道路は通行止めになっているらしい。チェーン規制にすればいいと思うのだけど,なぜか通行止め。
山向こうはチェーン規制で済んでいたのに,峠を越えて関東平野に下りたら,大した雪でもないのに通行止め!?となるわけで,東北道やら関越道やらで東京に向かっているドライバーにとっては堪ったものじゃないだろう。
せめて自分がそんな理不尽な目には遭わないようにと願うばかりだ。

そうこうしているうちに雪が雨に変わってさらに出たくなくなるが,18時頃になって雨が止んだので出かける。

2004.12.30

年賀状を作成

休みだというのに7時半に起きてゴミを出す。
9時頃には収集車が来てしまうらしく,普段の土曜日などは出せた例しがないのだけど,今日は年内最後の収集日なので,やむを得ず目覚ましをセットして起床。
目覚めたときは,なんでこんな時間にセットしたのか思い出せなかったが,ゴミ袋を見て思い出す。目にはいるところに置いておいて良かった。
とりあえずゴミさえ出してしまえば急いですべきこともないので,布団に戻って二度寝。温まった布団が気持ちよく,すぐに寝入る。

再び起きたときにはもう13時を回っており,先延ばししていた年賀状作成に取り掛かる。
まずは年賀状に使う写真の選定
・今年撮った写真
・冬か早春の写真
・横の写真はカレンダーで使えるので,縦の写真
・文字を入れるスペースがあること
などという都合のいい写真は数枚しかないので,すぐに決定。
ポジをスキャンしてそのまま使うのはあまりにも手抜きが過ぎるので,アンシャープマスクをかけたりカラーバランスの調整くらいはしておく。
例年だと相手によって写真を何種類か使い分けていたのだけど,今年は時間がないので写真は一種類にして,文章を変えるだけにする。
宛名は今までのデータを使い回すだけなので,たいした手間はかからない。と思いきや,今年は転居した人が多く,住所の修正に時間をとられる。
先に宛名を印刷してから文章ごとに分類して裏面を印刷。
こうして虚礼の見本みたいな年賀状は4時間ほどで完成した。
少し簡単に作りすぎた気がしないでもないけど,投函して終了。

2004.12.29

(鍋+酒)-酒=鍋

忘年会と称して友人を呼んで鍋をする。
下仁田ネギと生鱈を食べたいのだけど,一人用の鍋セットにそんな具材が入っていようはずもないので,人を集めて食べようという魂胆である。
そんな不純な動機にもかかわらず,会社を午後半休にしたり,旅行先から直接来てくれたりする人もいて,ありがたいことです。
そんな人たちが来やすいようにと,集合場所は横浜駅にしたものの,JRの改札が4箇所もあったり,これといった待ち合わせ場所もなかったりで,意外と待ち合わせはしづらかったりする。
雪が降っているし,待ち合わせを西口交番前とかにしなくて良かった。
駅ビルで昼食を食べてから,材料の買い出し。もちろん下仁田ネギと生鱈は忘れずに購入。海鮮鍋にするつもりだったけど鶏肉を追加することで押し切られてしまう。
材料の購入後,当然のように洋菓子売り場へ向かう友人たち。店選びから始まるので,それなりに時間がかかる。ケーキなんて買うのは(食べるのも)一年ぶりですよ。別に嫌いな訳じゃないけど,一人で買おうとは思わないな。

自宅近くの駅までは電車で移動,足りない材料を追加購入して,バスで自宅へ。
二年前に貰ったトランプを引っ越しの段ボールから掘り出し,ナポレオンをして腹ごなし。
これまた一年ぶりなので,すっかりルールを忘れている。切り札のJackが強かったり,Jokerの効力に制限があったりと,カードの強さがトランプの基本的なルールと違うのも,なかなか覚えられない理由の一つかもしれない。

ひとしきり楽しんだあとは,鍋の準備。といっても野菜を切るだけなんだけど,6人分ともなればそれなりの量があるわけで,盛り皿が足りなくなる。炊飯器をセットすれば準備は終了。
酒を飲まない人が多いので,酒の代わりに話しがはずむ。今まで,酒を飲まない人はどうやって鍋を食べるのかと不思議だったけど,ただ単に飲まないだけなのね。
ちょっと多いかと心配された材料は,白菜が少し残った以外は全て消費。
だしが昆布だけだったので,雑炊が薄味になってしまったのが今回の反省点。次回はきちんと味付けしましょう。

ケーキを食べて友人たちが帰ったのは22時半過ぎ。自分は片づけて寝るだけなので楽だけど,遠路はるばるお疲れさまでした。

2004.12.26

野沢菜を買いに

大学時代の友人と長野へ出かける。
全員が先日発売された「自遊人 温泉図鑑・冬号」を購入しており,別冊附録の「源泉湯 パスポート」で日帰り入浴をしようという魂胆である。
撮影だと未明に出発するところなのだが,温泉の営業前に着いてもしょうがないのでのんびりと出発。
珍しくファミレスできちんと朝食を食べたりして,練馬ICから関越道を利用。
横川を過ぎた辺りで雪が舞い始め,坂城ICからはチェーン規制になる。
須坂長野東ICで高速を下り,山田温泉から先は完全に雪道。DSC(横滑り防止装置)を作動させながら,奥山田温泉 満山荘に到着。

1時間ほど入浴を楽しんだあと,廊下の張り紙にあった野沢菜を買おうと聞いてみる。
まだ小分けに用意していなかったようなので遠慮したのだけど,もう袋に移し始めてしまったというので,有り難く買わせていただく。無料で入浴させてもらった上に面倒をかけてしまい申し訳ないです。

雪道を慎重に下り,野沢温泉に向かう。野沢菜はさっき買ったばかりだけど,野沢温泉で野沢菜を買うという目的は変わらない。
野沢温泉スキー場はまだ雪が少なく,リフトはほとんど動いていなかった。
駐車場に車を停めて下りると,1人が手ぬぐいを持っている。もちろん誰も異存はなく,まずは新田の湯に寄る。
今回の目的である野沢菜は,麻釜近くの店と大湯近くの店で購入。大湯近くの店では蕪の甘酢漬けを見つけ一緒に購入する。
さらに飯山の蔵元に寄って地酒を購入して,今回の目的は終了。

夕食は松本に寄ってカリーを食べる。もともとは大学の近くに支店があり,学生時代に松本の本店にも行ってみようということだったのだが,今ではすっかり長野へ行ったときのお約束になっている。
松本から三才山トンネルを抜け,鹿教湯温泉 文殊の湯に寄る。
拡幅されたという長門-立科間の国道254号を通り,佐久ICから高速を使って帰宅。

2004.12.25

暫定開業

新年から始めようかと思っていたものの,新年度からでいいや,などと先送りしそうなので,とりあえず書き始めてみる。

トップページ | 2005年1月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ぬるてつのサイト

広告